« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

戦争は・・・絶対良くない

イラクでは未だに撃ち合いが行われている。

毎日のように死ななくていい人が殺されている。

今じゃ全くといって報道されなくなった。


たまたまアメリカのCBSニュースのサイトを見て、目にとまった記事があった。

「First Female Marine Officer Killed In Iraq」
Maj. Megan M. McClung, A Marine Corps Spokeswoman, Dies While Escorting Media

直訳したら「イラクで女性初の海兵隊隊員が死亡」となる。


実は、わしは、高校時代、アメリカのとある海軍学校に留学していた。

このイラクで殺されたMegan McClungさんは、この時のひとつ上の先輩だ。

卒業アルバムにも写真がある。残し書きもしてくれた。

卒業以来しゃべったことなどないが、在学中は同じ隊にいた。

当時、学校ではユニフォーム姿の時にはイヤリング禁止だった。
Meganはいつも付けたまま、整列していた。
ある日、「Kobs, you need to remind me about this every time you see me, OK?」
と言われた。

KobsとはKoby(わしのニックネーム)を短く言った感じ。
イヤリングを付けてるの見つけたら必ず教えてよ・・・と。

よく覚えている。


そんな人でもイラクに行かなくてはならない。
いくら広報だとはいえ・・・。

メディアの人を護衛してたとはいえ・・・。

爆弾が飛んでくれば人は死ぬ。

こんな身近に戦争の恐ろしさがあるとは思わなかった。

胸が痛くなった。ショックでかかった。


日本だって、どうなることか?
憲法改正され、赤紙が届き、若者は戦争へ・・・

違う。絶対に違う。

身内が戦争で殺される。こんな納得の出来ないことはない。


上記のリンクの記事は2006年12月13日のものだが、この時点で、
アメリカ軍全体で既に60人もの女性が犠牲となっている。
その中で陸軍が52人。

Farewell, Major Megan M. McClung

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ