戦争は・・・絶対良くない

イラクでは未だに撃ち合いが行われている。

毎日のように死ななくていい人が殺されている。

今じゃ全くといって報道されなくなった。


たまたまアメリカのCBSニュースのサイトを見て、目にとまった記事があった。

「First Female Marine Officer Killed In Iraq」
Maj. Megan M. McClung, A Marine Corps Spokeswoman, Dies While Escorting Media

直訳したら「イラクで女性初の海兵隊隊員が死亡」となる。


実は、わしは、高校時代、アメリカのとある海軍学校に留学していた。

このイラクで殺されたMegan McClungさんは、この時のひとつ上の先輩だ。

卒業アルバムにも写真がある。残し書きもしてくれた。

卒業以来しゃべったことなどないが、在学中は同じ隊にいた。

当時、学校ではユニフォーム姿の時にはイヤリング禁止だった。
Meganはいつも付けたまま、整列していた。
ある日、「Kobs, you need to remind me about this every time you see me, OK?」
と言われた。

KobsとはKoby(わしのニックネーム)を短く言った感じ。
イヤリングを付けてるの見つけたら必ず教えてよ・・・と。

よく覚えている。


そんな人でもイラクに行かなくてはならない。
いくら広報だとはいえ・・・。

メディアの人を護衛してたとはいえ・・・。

爆弾が飛んでくれば人は死ぬ。

こんな身近に戦争の恐ろしさがあるとは思わなかった。

胸が痛くなった。ショックでかかった。


日本だって、どうなることか?
憲法改正され、赤紙が届き、若者は戦争へ・・・

違う。絶対に違う。

身内が戦争で殺される。こんな納得の出来ないことはない。


上記のリンクの記事は2006年12月13日のものだが、この時点で、
アメリカ軍全体で既に60人もの女性が犠牲となっている。
その中で陸軍が52人。

Farewell, Major Megan M. McClung

堀江殿

堀江被告に実刑2年6カ月とニュースに流れた。

うむ。

私だけだろうか。
彼がハメられたと思うのは。

歳の甲だぁなんだぁとお年寄りが集まる社会で、
出る杭は打たれる状態を作り上げてる「美しい日本」。

でも出る杭の種類によっては打たれないでもいいらしい。
この「美しい日本」では。

堀江という杭は打たれたけど、
三木谷という杭は打たれず。

なぜだろうか?

単なるご老体が若者を嫌う典型的なイジメのように見える。
気に入られた奴だけが叩かれない。
おかしいぞ、「美しい日本」。

堀江さんも三木谷さんも何も苦労しないで億万長者になった
わけじゃないはずだ。
ご老体と違って、1言えば10分かる人間だっていることを
ちょっとは理解した方がいいのでは?

俺はコツコツ努力してきたんだ。と言い張るご老体がいることだろう。
堀江さんも三木谷さんも努力してきたんだけど、飲み込みが
ご老体より早かっただけ。
簡単に言えば頭がキレる。ご老体と違って。

堀江殿!負けるなよ。
悪いことしたのであれば、裁かれていけばいい。
道理の通った裁きの元で。
単なるステレオタイプで判決は下して欲しくない。裁判官殿。

それでまた這い上がって来るのは間違いないし。
こんなことで終わるようなベンチャー魂ではないだろう。

頑張れ。堀江殿。

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ